ページ

2013/11/23

関係性のメモリー 後尾公民館から


おんぼろ公民館が綺麗になってた。昭和30年頃の建物で、この度大幅リフォーム。
外観は親父デザインというか、指示だとか・・・。
とりあえず、褒めておきました。


近々、国分寺の報告会も兼ねて、完成披露パーティーを企画実施します。
(対象:後尾集落住民)

古い建物好きとしても、デザインする人としても
こういうのを観て思うのは、何を想ってつくり、どう使ってもらうのか。
多少なり想像します。


つくり手と使う人の関係において。
どんな関係性が幸せなんだろう?


昔、学術書の中にあった言葉で
『関係性のメモリー』というのがありました。
関係性の蓄積、ソーシャルキャピタルだったり、コモンズだったり…。

この3年半、約4年はどうだったのか。
片や未だに残ったウイルスのようなものに悩まされ、片や消去でもしたのか?!?!?
な関係性に、メモリーにパソコンのようにいかない苛立ちというか、不快感を感じる日々。
そこから抜け出せないでいる自身への、

でも、どこかで最適化、いわゆる精算が必要。

という声、言い聞かせが最近の常です。


半沢直樹のように

『倍返し、百倍返し!』

なんて、しちゃう。こともできるけど、でも、Enter 押せないでいることも・・・。

自身に失笑しながら、まったく持って、前に進めていない。


話戻って、公民館から・・・

2013/08/29

2013/08/22

ヒトククリ

いよいよ公開される映画「飛べ!ダコタ」。

 携わって、かれこれ3年ちょっと経ちます。 
公開を目前に控えて、マスコミ・関係者からの問い合わせなども多く、何だか周りが騒がしくなってきているのを感じる今日この頃。 少し冷静になって、自分なりに総括しておきたいと思いました。

2013/06/28

飛べ!ダコタ 公開情報

個人の好き勝手書いてるブログですが、先日映画の公開情報が解禁になったので、紹介致します。


映画「飛べ!ダコタ」公式ホームページ
公式facebookページ

▼全国公開情報
10月5日(土)よりシネマスクエアとうきゅう、有楽町スバル座他、全国ロードショー!

「Walker Plus」http://news.walkerplus.com/article/39557/

2013/05/08

足を運ばせる届出主義の課題


今どき、提出書類の様式データを「フロッピーディスク」で渡されたオヤジ・・・。
データが見れないで大騒ぎ。。。

とりあえず助けを求めるままに聞いてあげると、外付けFDドライブ買ってきてくれ→売っていない→リサイクルショップにもなし。

で、旧式のパソコンが辛うじて残っていたので開いてみるとFDデータが壊れてて見れない。。。

結局、ちょっと進んだ自治体で、おんなじ様式をネットで拾ってきて「○○市」を佐渡市に置換してサクッと代理作成しました。。。


公的機関の「届出主義」。これ、とっても重大な課題だと思っています。


2013/04/25

過疎対策 -若者支援について・あるある話-

もし、これがガラッと変われば、あるいは体制が構築出来さえすれば過疎からの脱出という展望も描けてくる。

それが、『若者支援』。


過疎、限界集落・・・

この解消には、シンプルに言えば後に続く世代(若者)がいなければいけない。

『若者支援』が最も重要な地域が生き残っていくための カギ だと思っています。

そんな策を最終的に見い出せたらいいなぁと思っています。

今回は、現状認識というか、あるある話を

2013/04/06

会社・シゴトのイメージデザイン

を作って見ました。

そんなシゴトをしていきたいと思っています。




2013/04/01

佐渡高千・外海府ガイド


を作成しました。
高千・外海府自然活性化協議会発行です。
順次配布予定です。

高千・外海府88ヵ所巡りなど、どどーんと地域の魅力満載しました。

連動して、サイトも立ち上げていきます。

2013/02/23

評価

評価する、評価される。

おそらくほとんどの人が、好きであり、嫌いであるもので、かつ誰もが常に評価し、されながら暮らしていると思います。

身近な例に置き換えれば、オシャレをしたり、化粧したりするのは、良く評価されたいというごく日常的な行動で、そこから分かるように誰もが良く評価されたいという気持ちを大なり小なりもっていると思っています。facebookなどで、「いいね」を沢山欲しい。もらえたら嬉しいそう思いませんか?

まぁ当然、悪く評価されたいという人はいないと思いますが、少なからずそう思われないよう人は常に評価を「気にしながら」生きている存在なんだと思っています。


で、最近これが非常に難しいというか、まずいなぁと感じたりしています。


1対1で自分と相手の評価、1対多であれば集団や組織(内部評価)やもっと広い社会の中での評価(外部評価)で、それぞれが一致すれば何ら問題ないのですが、ここにズレがあった場合、大抵の人は「!?」と立ち止まってしまいます。

これらはよくあるパターンなので、触れませんが、SNS、特にfacebookなどの、これらの中間というか横断的なツールが生まれてきたもんですから非常にややこしいのです。良い意味でも悪い意味でも。

最初に評価については、良い悪い共に「囚われないこと」「気にし過ぎないこと」に尽きるのですが、ある傾向が浮かび上がって来て現実の実態を複雑化させているように感じています。

あくまで、自分のようなどこにも属し、属さないような輩から見た場合ですが、
1つの傾向は、集団・組織が多くは消極的な結束を強める(内と外を明確化しようとする=外に対しての排除が強まる。)=細胞の委縮。
もう1つの傾向は、そうではない者の独立・浮遊を促進する(内と外をボーダレス化する)=細胞の膨張・拡散・破裂。

そもそも人間は重層的なネットワークの中で生きていて、複数の集団・組織に所属し、それぞれの地位や役割を演じながら生活しているのですが、これがさらに実態から離れやすくなっていて、重層ではなくなりつつあると言っていいと思います。

となると、実際身に起きていることですが、集団・組織に属した者と、独立・浮遊した者との間に、埋めがたいズレが生まれたり、個人も組織も収縮したり・膨張したり流動化して、評価そのものがその場その時に流転して、実態にまで影響を及ぼしていく。

という状況で、限りなく後者に近いのですが・・・。何だかどう扱って(統合して)よいのやら?という評価が多いのです。。。

2013/02/07

五里霧中

目が醒めてしまい
眠れず

最近思うことを少しだけ書き留めておこうと思う。

まずは、3年間ずっと関わってきた映画「飛べ!ダコタ」第2期の撮影が無事終了しました。
本当に多くの方々に感謝です。もうまもなくで自分の役目も終わります。

今回ばかしは正直、燃え尽きそうです。


前を向くために振り返ると本当に沢山のことがあります。
過去形でも、現在進行形でも・・・

本当に本当にいろんなことがありました。いろんな人がいました。

見える人には見える
見えない人には見えない
見ようとしない人には誤って見える

そんなことを観てきました。


信じる人は楽しむことが出来
信じ続ける人は達成することが出来
信じない人は結果だけに反応するしか出来ない

楽しむ姿を見つめながら、後出しジャンケンやら冷ややかな反応、言われなきことも十二分味わいました。達成しようする意志や、その強さや目的・目標の次元、そんなことに隙間を感じていました。


全てを話せば楽になれるのかもしれない。
でも、そんな必要はない・・・とは言い切れない状況や、居ぬ間に色々起こっている状況に今の五里霧中な心境があって、心穏やかではない。

昨日まで穏やかだった海もまた今日から荒れるらしい。
なんだか、佐渡の海と波長がシンクロしてしまうようです。